芽生(めばえ)ちゃん、19歳と出会ったのは某有名出会い系でした。 当初は、純粋なメル友としてのやりとり。 29歳の独身サラリーマンにとって、10代後半の女の子とのメール交換は、胸を弾ませるものがありました。 まさか、オナニーの生中継を見せてもらえる関係になるなんて、当初は想像すらしていませんでした。  メール交換が続くと、無料通話アプリ交換て流れになるのが、現代の一般的な展開です。 女の子によって、交換できるアプリもまちまちなので、LINEをはじめ、カカオやskypeなどもスマホにインストールしておいていました。 芽生ちゃんは、カカオなら交換が可能と言ってくれたため、こちらで通話することにもなりました。 それはも、10代後半の若い女の子のフレッシュなボイスに、心はウキウキしっ放し。 通話で判明したことは、女子大に通っていること。 彼氏は現在いないと言うこと。 「もしかして、不満になったりしてるんじゃないの?」 「ええ・・ちょっとは」 「そういう時、1人で楽しむ人?」 「う・・ん・・」 このときの声のトーンが、拒否していないのが明確でした。 「いつも、1人で?」 DXLIVEで無修正のオナニーを見ながらセンズリ鑑賞させる 「たまに通話しながら」 「オナ電しちゃうんだ」 「うん、観られると感じちゃうから、テレビ電話も使うの」 このセリフに、一気に心が傾き始めてしまったのでした。  オナニーの生中継になるまでに、あまり時間がかかりませんでした。 オナ指示を始めて、思いっきり感じてしまった芽生ちゃんに「エッチな姿を見せて」と、お願いするとテレビ電話になったのですから。 オナニーの生中継は、すさまじい破壊力を感じてしまいました。 10代後半が、下半身裸になってオマンコを触る姿を見せてくれる。 こちらの指示で、気持ち良さそうにオナニーを続けてくれる。 「オッパイも見たい」と、お願いするとちゃんと見せてくれる。 M体質の女子大生はNGがない感じでした。 オナニーの生中継で、大興奮の2人はその後、見せ合いつつのオナニーに没頭していくことになりました。  出会い系を利用して、メル友作ったりはしていたのですが、こんなに魅力的なオナニーに発展したのは初めてです。 19歳が、とっても恥ずかしい自慰を見せて興奮してくれるんですから。 それから彼女のオナニーを観ながら、射精するのが日課になってしまっています。 センズリ鑑賞 オナ電
書き込みはまだありません。
222